令和2年度 介護支援専門員多職種連携研修 (医療介護連携、地域課題)募集要項
※横浜・桜木町会場、横浜・上大岡会場は定員に達したため、受付終了いたしました。
           
1 目的
 高齢化の進行に伴い、介護サービスの利用者ニーズの更なる多様化・複雑化が予想される中、地域包括ケアシステムの中核を担う介護支援専門員を対象に、医療をはじめとする多職種との連携及び地域課題に関する研修を実施し、介護支援専門員の総合的な対応力強化と資質向上を図る。

2 実施主体 神奈川県
3 運営主体
  一般社団法人 神奈川県介護支援専門員協会(神奈川県より研修運営を受託)
〒231-0023 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階  ℡:045-671-0284

4 日 時
第1回目 藤沢会場 
令和2年11月16日(月)13時30分~18時30分(受付 :13時10分から)
第2回目 横浜・桜木町会場※受付終了
令和2年11月27日(金)13時30分~18時30分(受付 :13時10分から)
第3回目 横浜・上大岡会場※受付終了
令和2年12月16日(水)13時30分~18時30分(受付 :13時10分から)

5 場 所
(1)第1回目 藤沢商工会館 (藤沢市藤沢607-1)

(2)第2回目 日本丸訓練センター(横浜市西区みなとみらい2-1-1)

(3)第3回目 ウィリング横浜  (横浜市港南区上大岡西1-6-1)

6 対象者 神奈川県内の事業所において現に介護支援専門員として従事している者。

7 受講料 無料

8 定 員 1回目、3回目 80名、2回目 60名(各回先着順)

9 受講証明書 
  各日程の修了者に受講証明書を交付します。
*    効果測定のため研修前、研修当日、研修1ヶ月後とアンケートを実施します。アンケートをご提出頂いた方に受講証明書を送付いたします。
*    本研修は神奈川県主任介護支援専門員更新研修の受講要件である「介護支援専門員を対象とした介護支援専門員に係る専門的知識又は技術に関する法定外研修」に該当します。

10 受講申込み・手続き 
受講を希望される方は、参加申込書にてファックスまたはメールでお申し込み下さい。受講の可否は研修2週間前を目途にご自宅に郵送にて送付します。

11 研修内容
1回目(藤沢会場)「地域課題に関する講義・演習」
本人の住む地域の資源を『意欲を引き出す社会資源』と捉え、その社会資源を最大限活用したケアマネジメントの展開について、演習を通じて考えます。また、受講者自身が活動する地域の再アセスメントや、多職種・多機関との連携について、共通事例を通じてあらためて確認していきます。
※地域課題に関する講義・演習では研修当日、自身の地域に関する事前課題を持参していただきます。(事前課題については受講決定通知に同封いたします)

2回目(横浜・桜木町会場)「面接技術に関する講義・演習」※受付終了
「基本的な面接技術」と「模擬事例を活用した面接場面」を体験して頂きます。「模擬事例を活用した面接場面」では、リハビリや社会復帰へ後ろ向きなクライエントに対してどのように関わることで「本人の意欲」を前向きに転換させることができるのかを考えます。
 
3回目(横浜・上大岡会場)「医療介護連携に関する講義・演習」※受付終了
「呼吸器疾患がある方の事例」からサービス担当者会議のロールプレイを通して、「退院後における多職種との連携」や「疾患がある方への生活支援」を具体的に考えます。また、ケアマネジャーとして、どのように支援チームの構築を考え対応するべきかを検討していきます。
○各回共通で、多職種連携の中でのケアマネジャーの立場や医療との連携における役立つツール、またケアプランの基本的な書き方や、本人の意欲に繋がるチームケアのための表現を学びます。
○講師 神奈川県介護支援専門員協会 多職種連携研修部会

12 受講申込み
受講を希望される方は下記の募集要項の参加申込書にご記入のうえメールまたはファックスにてお申し込み下さい。