平成30年度多職種連携研修の開催について

1 目的
高齢化の進行に伴い、介護サービスの利用者ニーズの更なる多様化・複雑化が予想される中、地域包括ケアシステムの中核を担う介護支援専門員を対象に、医療をはじめとする多職種との連携及び地域課題に関する研修を実施し、介護支援専門員の総合的な対応力強化と資質向上を目的とした研修を実施する。

2 実施主体 神奈川県

3 運営主体
一般社団法人 神奈川県介護支援専門員協会(神奈川県より研修運営を受託)

4 日 時(各回同一内容)
第1回目 相模原会場
1日目 平成30年11月3日(土)午後1時30分~午後5時30分(受付 :13時00分から)
2日目 平成30年12月11日(火)同上

第2回目 横浜会場(募集終了)
1日目 平成30年11月10日(土)午後1時30分~午後5時30分(受付 :13時00分から)
2日目 平成30年12月18日(火)同上
 
5 場 所
(1)第1回目 相模原市産業会館 大研修室
相模原市中央区中央3-12-1

  (2)第2回目 日本丸訓練センター 第1・2教室
横浜市西区みなとみらい2-1-1

6 神奈川県内の事業所において現に介護支援専門員として従事している者。

7 受講料 無料

8 研修内容
1日目 体験しよう医療連携
●医療知識に関する講義:神経難病患者(パーキンソン病やALS等)における在宅療養上の留意点について学びます。 
●医療介護連携に関する講義演習:退院カンファレンスのロールプレイを行います。医療従事者との多職種連携について、コミュニケーションツールを通じて学びます。 
2日目 創ろう地域援助
●地域課題に関する講義
地域包括ケアと地域包括ケアシステムについての講義から地域を見る視点を学びます。 
●地域課題に関する演習
共通事例とご自身の事例から「自助」「互助」「共助」「公助」の整理を行い、利用者のつながり、地域の共通課題を考えます。 

9 受講申込み
受講を希望される方は下記の募集要項の参加申込書にご記入のうえメールまたはファックスにてお申し込み下さい。