神奈川県の医療・介護サービスの提供体制の充実に向けた事業のアイデア募集を実施します。

 県では、団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて、消費税増収分を財源として県に設置された「地域医療介護総合確保基金」を活用し、毎年度策定する「地域医療介護総合確保促進法に基づく神奈川県計画」に基づいて、医療・介護サービスの提供体制を充実・強化していくための事業に取り組んでいます。

 今回、令和7年度から実施する事業計画(医療分)の策定にあたって参考とするため、県民の皆様や、医療・介護などの関係団体の方々などから、これからの神奈川県の医療・介護サービスの提供体制の充実に向けた事業のアイデアを募集することとしました。

 次の4つの分野において取り組むべき事業、特に募集いただきたい事業について、アイデアがありましたら、御提案をお願いします。

 なお、国は地域医療介護総合確保基金の期限を、2025年までとしていますので、ご提案の内容が2026年以降も継続することを前提とする事業については、提案の対象となりません。今後の県の施策の参考とさせていただきます。


詳細はこちらからご確認ください。
医療介護総合確保促進法に基づく神奈川県計画(令和7年度分)へ位置づける事業のアイデア募集 - 神奈川県ホームページ (pref.kanagawa.jp)

法定研修会情報
神奈川県介護支援専門員
神奈川県ウェブサイトへ
厚生労働省ウェブサイトへ