「緊急事態宣言を受けて、今後の県・当協会の対応について」
日頃より協会の活動にご協力いただきまして、ありがとうございます。
ご承知の通り、4月7日に出された「緊急事態宣言」により、神奈川県もその対象となりました。皆様方におかれましては、より一層の業務への不安と負担が生じていることと思います。今後の研修等に関する情報提供と対応について、ご連絡致します。
 
                                                    ~研修について~
神奈川県より、4月9日付けで「新型コロナウイルス感染症に係る神奈川県介護支援専門員法定研修での対応について」通知があり、現在の新型コロナウイルス感染症の影響を鑑みて、令和2年8月31日まで研修開催を延期する方針が示されました。また、新型コロナウイルス感染症の推移の見通しが立っていないため、延期後の再開の目途は9月以降とのことです。
したがって、法定研修である主任介護支援専門員研修、主任介護支援専門員更新研修、実務研修、専門・更新研修Ⅰ・Ⅱ、再研修・未経験研修につきましては、9月以降に延期となりますが、今現在では、それぞれの開催日程は未定です。今後の神奈川県からの研修情報を確認してください。
また、当協会主催の法定外研修においても、緊急事態宣言による自粛要請を受け、9月以降の開催日程といたします。ただし、今後のコロナウイルスの感染拡大の状況によっては、さらに変更となる可能性もございます。最新の情報については、随時お知らせいたします。
また、研修の中止や延期に伴い、介護支援専門員資格(主任介護支援専門員を含む)の有効期間が切れてしまう方が出てくると思います。神奈川県からの通知は、「介護支援専門員資格の有効期間について、介護支援専門員証や主任介護支援専門員の有効期間満了日が令和2年 2月 28 日以降の場合、県が認める期間内は資格を喪失しない取扱いとします。上記取扱い対象者については、介護支援専門員証の有効期間満了日が経過した場合、研修が再開するまでに必要な手続きはありません。なお、県が認める期間の終期については、研修再開の目途が立ち次第、改めて御連絡します。」とされています。今後の神奈川県からの情報提供をお待ちください。

(介護支援専門員の研修情報)
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p1091762.html
(主任介護支援専門員研修及び主任介護支援専門員更新研修について)
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p553196.html
 
                                  ~当協会の今後の活動について~
①各委員会や部会の集合開催については、5月いっぱいは、引き続き中止
会議に参加するための移動や集合することで、感染リスクが高くなります。また、会場の使用制限がかかっているため、基本的には中止をしますが、必要に応じて、メーリングやWEB会議等を活用して、活動を行って参ります。
②アンケート調査の実施
新型コロナウイルス流行下おける介護支援専門員や利用者の状況を把握し、情報発信してまいります。ご協力をお願い致します。(ホームページ掲載中)
③事務局の体制について
国の緊急事態宣言を受け、外出・出社等の自粛要請、感染拡大防止の観点から、事務局職員の時差通勤及び業務時間短縮(10:00~16:00)、交替制勤務を実施いたします。電話等のお問い合わせ等、ご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解とご協力をお願い致します。
 

暖かくなれば収束してくると思っておりましたが、事態は日々ますます悪化しております。出口の見えない状況に、このまま私たちは、元のような生活には戻れなくなってしまうのではないかという不安さえ覚えます。高齢者の支援にかかわる皆様は、特に精神的に張り詰めた緊張感の連続で、心身ともに疲弊されてきていると思います。
今後も力を合わせ、ともにこの困難を乗り切って参りたいと思います。会員の皆様には、更なるご協力をお願い致申し上げます。
                令和 2年 4月 13日(月)
                一般社団法人 神奈川県介護支援専門員 理事長
                       青地 千晴
法定研修会情報
神奈川県介護支援専門員
公式FACEBOOKページヘ
神奈川県ウェブサイトへ
厚生労働省ウェブサイトへ